headspin_kokeshi_sub_4:3_low.jpg
FOLKTOYs_ゆるい.jpg

遊んで楽しい日本の郷土玩具のシリーズです。

​伝統的な郷土玩具をベースに、遊んで楽しい商品の開発と販売をしています。

昔から楽しまれているものは手を加えずそのままに、新たにtorinokoでアレンジを加えて作っているものを取り揃えています。

商品一覧

ヘッドスピンこけし ブラック
ヘッドスピンこけし ブラック

ヘッドスピンをしているこけしのコマです。 七転び八起き、何度も立ち上がってダンスを続けます! 福島の木地処さとうさんに伝統的なこけしの技法でtorinokoのオリジナル商品を作って頂きました。 こけしは元々子供のおもちゃからお土産物として広まったと言われていますが、もう一度子供はもちろん大人まで楽しめるものが作れないかということで作って頂きました。

ヘッドスピンこけし レッド
ヘッドスピンこけし レッド

ヘッドスピンをしているこけしのコマです。 七転び八起き、何度も立ち上がってダンスを続けます! 福島の木地処さとうさんに伝統的なこけしの技法でtorinokoのオリジナル商品を作って頂きました。 こけしは元々子供のおもちゃからお土産物として広まったと言われていますが、もう一度子供はもちろん大人まで楽しめるものが作れないかということで作って頂きました。

ヘッドスピンこけし グリーン
ヘッドスピンこけし グリーン

ヘッドスピンをしているこけしのコマです。 七転び八起き、何度も立ち上がってダンスを続けます! 福島の木地処さとうさんに伝統的なこけしの技法でtorinokoのオリジナル商品を作って頂きました。 こけしは元々子供のおもちゃからお土産物として広まったと言われていますが、もう一度子供はもちろん大人まで楽しめるものが作れないかということで作って頂きました。

ヘッドスピンこけし ピンク
ヘッドスピンこけし ピンク

ヘッドスピンをしているこけしのコマです。 七転び八起き、何度も立ち上がってダンスを続けます! 福島の木地処さとうさんに伝統的なこけしの技法でtorinokoのオリジナル商品を作って頂きました。 こけしは元々子供のおもちゃからお土産物として広まったと言われていますが、もう一度子供はもちろん大人まで楽しめるものが作れないかということで作って頂きました。

米食いねずみ
米食いねずみ

1830年頃、足軽小者の手内職としてその頃流行したカラクリ人形の影響を受けて作られたものです。 これを賞玩することにより、お金が増えると伝えられています。

もちつき兎
もちつき兎

米食いねずみと同じ頃に作られ、特に昭和初期までお祭りやお正月の縁起物として売られていました。 台の下の糸を引くと兎がきねを振り上げてもちをつきだします。

張子 ぞう(小)
張子 ぞう(小)

石川県の金沢で作られている鼻の長いぞうの張子です。 首の部分を手で優しく触れると、ゆらゆらとかわいらしく揺れます。 歴史は古く江戸時代から続き、今も昔ながらの技術で作られています。

hippo_main_1:1
hippo_main_1:1

石川県の金沢で作られている口を大きく開けたかばの張子です。 首の部分を手で優しく触れると、ゆらゆらとかわいらしく揺れます。 歴史は古く江戸時代から続き、今も昔ながらの技術で作られています。

張子 きりん(小)
張子 きりん(小)

石川県の金沢で作られている首の長いきりんの張子です。 首の部分を手で優しく触れると、ゆらゆらとかわいらしく揺れます。 歴史は古く江戸時代から続き、今も昔ながらの技術で作られています。